方法を比較する

陰茎トレーニング

陰茎トレーニングとは陰茎増大のためのトレーニングで科学的な方法です。

陰茎は下腹部からつながっている筋肉と臀部の方からつながるPC筋という筋肉でできています。

陰茎トレーニングはこの二つの筋肉を鍛えて陰茎を大きくして硬くしたり太くしたりすることを目的としたトレーニングです。

陰茎トレーニングの具体的な方法は腹筋をしたりスクワットをしたり陰茎を伸ばすトレーニングというものがあります。

上記のようなトレーニングを組み合わせて行うことにより、陰茎をよりいっそう大きくするだけではなく硬くしたり太くしたり、さらに勃起したときのそそり立つようなガチガチ具合を手に入れることができます。

毎日これらの陰茎トレーニングを着実に行うことにより、勃起したときのギンギン具合を手に入れることができます。

陰茎増大マッサージ

陰茎を大きくするためのマッサージというものもあります。ジェルキングという方法でジェルなどを使って陰茎を丹念にマッサージすることにより陰茎への血流量が増大して陰茎増大に導くというものです。

ジェルキングの具体的な方法としては以下のようになります。まず陰茎を蒸しタオルで温めます。次に陰茎を勃起状態にして、人差し指と親指で輪っかを作るようにしてジェルを使って根元から亀頭側に向かってスライドしていきます。

ポイントとしてはスライドするときに陰茎の根元から血液を流し込むような感じで亀頭側にスライドしていきます。

増大クリームを使う

陰茎を増大するための増大クリームという商品があります。

普通のローションとは違って陰茎への血流を改善する成分が配合されているといわれています。

増大クリームは陰茎に塗った瞬間に熱をもちはじめて陰茎が熱くなってきて、血流が増える感覚があります。

この陰茎増大クリームは先ほどの陰茎増大マッサージと同時にやることにより陰茎への血流効果を発揮してくれること間違いなしでしょう。

メンズサプリを使ってみる

メンズサプリには欠かせないシトルリンやアルギニンなどという成分が贅沢に配合されています。

特に、シトルリンとアルギニンは普段の食生活で取り入れることができないので、メンズサプリを使ってたくさん体内に摂取しましょう。

シトルリンとアルギニンをメンズサプリで効率的にたくさん摂取することにより、男の勇気が湧いてきます!

男のみなぎる活力のためにはトレーニングだったり増大器具だったりいろいろなものがありますが、メンズサプリが一番コスパがいいと思います。

男の自信を促す方策

ペニストレーニングなどの外部から圧力をかける方法とメンズサプリなどのような内部から並列して使うことにより思う存分活力みなぎる身体作りができるでしょう。

ペニストレーニングの効果を出すためにはペニスの成長のための栄養素が欠かせないわけです。

メンズサプリは体内から男の自信を促進するために作られていますが、ペニストレーニングや増大器具というのは外部からの圧力をかける目的があります。

男の自信効果を高めるには、外部からのトレーニング内部からの刺激によって相乗的にアプローチしましょう。

ミルキングとは

ミルキングというのはその名の通り乳搾りのようなものであり、道具などは必要ありませ年。

ミルキングに期待できるのは、ペニスへの血流促進効果です。

ミルキングの手順はまずペニスを半勃起状態にします。次に、ペニスを根元から指全体をつかって絞るようにしていきます。

小指から握っていくことにより、ペニスの先端まで血流を行き渡らせることができます。

亀頭の先端まで血流を行き渡らせることにより、ペニス全体に血流を行き渡らせて、カリ高のペニスを目指すことができます。

亀頭が小さいと先細りになり、見た目も悪くなってしまうので、カリを特に大きくしたい人にはこのミルキングという手法がおすすめです。

ジェルキングとは

ジェルキングというのはローションやジェルなどをつかってペニスの竿部分に圧力をかけていく方法です。

ジェルキングをする主な目的は、ペニスを長くしたり、ペニス全体への血流量を増やしたりということが目的です。

ジェルキングの手順を解説していきます。まずペニスにローションを塗ります。次にペニスを半勃起状態にします。そしたら次に親指と人差し指で作った輪っかで根元からカリまで絞るようにスライドさせていきます。これの繰り返しです。

ジェルキングは自分の指を使った牽引法とも呼べるものです。ペニスは人体によって固定されているので、竿の何割かは体の内部に埋もれているのです。

体内に沈んでいる竿の部分を引っ張り出すペニストレーニングがジェルキングです。つまり、ペニスが短くて悩んでいる人にはうってつけといってもいいでしょう。

ジェルキングにもミルキングと同じく血流促進効果を期待できます。

男の自信方法を比較する

男性諸君のみなさんであれば、誰でも一度は男の自信を大きくしたいと思ったことがあるのではないでしょうか。

ペニスを定規ではかったり、メジャーで太さを測ったり、温泉などで他人のペニスと比べてみたりしたひとは多いのではないでしょうか。

ペニスサイズに自信があれば問題ありませんが、小さかったらペニスのサイズがコンプレックスになってしまうのではないでしょうか。

そして、男の自信を大きくしたいと思っても、何をすればいいのかわからないという人がほとんどだと思います。

ペニスの大きさにコンプレックスを抱いている人のために、どうすれば一番効果が高い増大方法を実践できるのかを解説していきたいと思います。

主にあげられるのがメンズサプリ、増大器具、増大手術です。

増大手術のメリットとデメリット

ペニスサイズの増大はしたいけど、手術をしたり高額な費用をかけたり、自分の体を木津付けてまで増大をしたいとは思わないと思いますが、実際に増大手術とはどれくらい増大できて、どれくらい費用がかかるのでしょうか。

増大手術にはどういうメリットやデメリットがあるのか解説していきたいと思います。

増大手術というのは一概にペニス全体を大きくするわけではなくて、太さだったり、長さだったり、亀頭だけだったりというジャンルがあります。

ペニスの靱帯を手前に引き出して長くしたり、ペニスにヒアルロン酸などを注入して太さをアップしたりという手術があります。

すべてに共通していえることは、確実にペニスの増大ができるということです。手術の内容によっては差がありますが、最低でも数センチは大きくすることができます。

増大手術自体もヒアルロン酸を注入したりするだけなので、すぐ終わることができますし、入院の必要もありません。

上記がメリットですが、次はデメリットについて解説していきたいと思います。手術は必要不可欠な病気というものではないので、保険適用外なので費用が高くなってしまいます。

簡単なヒアルロン酸注入などのものであれば数万円ですが、メスをいれるようなものであれば数十万円かかってしまいます。

また、麻酔が切れてから痛みや腫れなどがでることもあるので、術後はしばらくセックスやオナニーができません。

手術内容は医師の腕によって手術紺が残ってしまうこともあります。なので、最大のデメリットは増大手術では勃起時のサイズがあまり変わらないことです。

大金を出して手術したのに、勃起したときのペニスサイズが変わらなかったら意味がないと思ってしまいますよね。

実際に手術をしようと思っている人は事前にどういうメリットやデメリットがあるのか認識しておきましょう。

増大器具をつかった増大

器具には大まかに分けて牽引タイプとポンプタイプの二つがあります。

ポンプタイプの男の自信器具は、ペニスに取り付けて、吸引することにより、ペニス全体に圧力がかかって、海綿体の血流量がアップして、増大に導くという代物です。

もう一つの牽引タイプの男の自信器具はペニスの竿を引っ張って付加をかけることにより自然にペニスが増大するというものです。

これらのメリットは増大器具を使って直接ペニスに圧力をかけるので増大しやすいというメリットがあります。

実際にペニスが目に見えるくらい大きくなるまでには時間がかかるとおもいますが、途中でなんらかのペニスへの刺激を感じることができれば、モチベーションを維持したまま使い続けられると思います。

ポンプタイプのデメリットとしては短期間でペニスに付加をかけることでしょう。過度に行うとペニスの細胞が傷ついてしまったりします。

他には、毎日30分以上使い続ける必要があるので、どうしてもめんどくささがでてきてしまうと思います。

牽引タイプのデメリットは装着する時間が長いことです。休憩を挟みながら5時間以上使い続ける必要があります。

睡眠中に増大器具を付けていると外れてしまってペニスを傷つけてしまうこともあるので、睡眠中は使わないことをおすすめします。

つまり、起きているときはほぼすべて増大器具を装着しておくことが大切ということです。他にも安い器具を使うとデメリットがあります。

安い増大器具を使うと、痛いだけで実際に増大できないこともあるのので、安いものを使うのはおすすめしません。

メンズサプリのデメリットとは

メンズサプリのメリットは飲み続けるだけでいいので手軽に使い続けることができます。

メンズサプリに入っている成分には男をパワーアップさせる成分がたくさん入っています。

科学的に解明されている男の自信のメカニズムから、本当に男の自信をたぎらせる成分をたくさん配合されているのです。

用法用量をまもって、飲み過ぎたりしなければ、薬のような副作用の危険性もなく、安心して男の自信を期待できます。

メンズサプリによってはGMP認定された工場で製造されているので、原料や製造過程においても十分な安全性が保証されています。